仕事において人間関係ほど重要なものはありません。企業においては別部署であっても、どこかしらで繋がっているものです。営業がいなくては製造は出来ませんし、また製造がいなくては営業も出来ません。経理がいなくては給与計算や年末調整なども困ります。企業としては決算などにも影響してきます。このように誰かがどこかで、何らの形で繋がっているものです。 人間関係がスムーズにいっている職場では、仕事の効率もよく、成果も上がります。スムーズにいっていない職場では仕事の効率も悪く、成果も期待が出来ません。一人は一人分の仕事しかできませんが、二人だと三人分の仕事が出来る、と昔の人は言っていました。これは協力し合うことで自分の力以上の成果を上げることが、人間には出来るのだということです。個人の力を最大限に出すことが出来て、成果を上げることが出来れば企業も嬉しいことですが、何より働く人にとっての喜びでもあり励みにもなります。そのためにはいかに職場の人間関係をスムーズにすることが出来るか、ということになってきますが、力や権力で出来るものではありません。人間関係が上手くいかない原因を突き止めて、その原因を解決することが大切なのです。 職場で長く一緒に仕事するわけですから、相手に興味を持つことも大事なような気がします。<<女性の職場の人間観察>>でヒントを貰いました。 この時に気をつけるポイントは、それぞれに意見があり、考えがあり、個性があることです。個人の長所を見極めて、長所を伸ばし、短所を薄れさせるようにすることがポイントになってきます。短所はない方が良いと考える人もいますが、短所と長所は同じものであり、その能力を発揮するタイミングを教えることで長所が伸びていくのです。否定ではなく、認めて伸ばすことが人間関係をスムーズにさせる一番のポイントではないかと思います。

Leave a Reply